後書き


・依頼ニ こっくりさんと髭の怪

 ファルの魔術の失敗で、なぜか真夜の顔に髭が生えてしまうのですが、はっきり言って蛇足感丸出しです。まあ、ファルでも失敗する時はある、とそう云うことですね。

 今回はあまり資料的なものを探っている余裕がなかったので、ある程度ノリで書きました。

こっくりさんの起源は外国で、もともとは「テーブルターニング」と呼ばれていました。それが日本に伝わってきて、こっくりさんになったといわれています。あるところでは、こっくりさんを日本で初めて行ったのは織田信長だとも言われていますが、ホントのところはどうなんでしょうね。真夜も言っていますが、しばしばこっくりは「狐狗狸」のことだといわれます。しかしこれは実は後世に付けられた当て字で、おそらく明治維新くらいの前後に付けられたものでしょう。

魔術的な面では、おじいちゃんの「霊体の電気を活性化する」あたりがなんだか個人的に気に入っています。

本当は真夜を目立たせるために単独行動にしたのですが、どうだろうか……結局ファルがいいところを持っていってしまったからなあ……

 次はファル中心の話を書きたいなと思っております。次は、何件かの依頼で溜まったお金で、久しぶりに山奥の温泉旅館に行く話、の予定です。

 次の話も、どうぞごひいきに。



    時間伯爵